各種申請

包括申請書

日本全国で撮影可能な包括申請取得

ドローン東京は、国土交通大臣認定の包括申請(日本国内、1年間)を取得しております。ドローンの飛行が規制される「DID(人口集中地区)」、「夜間」、「物件から30m以内」、「目視外」、「催し物上空」において都度申請する必要がありませんので、計画から撮影実施までスピーディな対応が可能です。(包括申請には必ず、人、機体、飛行方法の条件が付されます。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。)

 
申請が必要なドローン撮影

申請が必要なドローン撮影とは

2015年12月に改正された航空法で、200g以上の操縦可能な飛翔体はすべて「無人航空機」と定義され、飛行場所、及び飛行方法の規制を受けます。例え、自宅の庭であっても、許可・承認なく規制に反した場合、航空法違反となり既に現実に検挙・送検の対象となった事案も多数あります。国道交通省 無人航空機の飛行ルール許可・承認を得るには、申請前調整、申請、審査、の過程が必要で現在許可までにおおよそ1か月を要します。ドローン東京が包括申請を取得している規制については都度申請することなく飛行が可能です。 ただし、空港・ヘリポート・自衛隊・米軍基地周辺、及び150m以上の高度での飛行は原則事前申請が必要です。また航空法以外にも、皇居・首相官邸付近は「小型無人機等飛行禁止法」により、東京都の公園は都条例により、飛行させることは出来ません。

 
航行実施判断

申請手続きは無料で実施

航空局や空港、自衛隊などに提出する申請書類は専門的な内容が多く、お客様が申請書類を記入するのは労が多いものです。また申請の代行を行政書士に依頼した場合、1件につきおよそ8〜10万円の手数料が発生するといわれています。 ドローン東京なら専門のスタッフが無料で申請するので安心してお任せください。

 
 

見積もり依頼・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

お問い合わせフォーム・
電話でも受け付けています。

03-3230-3722 03-3230-3722

株式会社ジム

お急ぎの方は携帯電話まで

090-4963-4196 090-4963-4196
担当/久保木

お問い合わせ
03-3230-3722