コラム

マイクロドローンで室内撮影

マイクロドローンでシェアオフィスの室内を撮影しました。

撮影場所は「point 0 marunouchi」。

オフィス内の様々な設備や部屋、内装をドローンの目線で撮影しました。

屋外用のドローンが鳥の視点(鳥瞰)とすると室内のマイクロドローンはまるで蜂の視点のようです。

ドローンの語源が「蜂」とも言われているのでぴったりかもしれません。

●マイクロドローン撮影で実現できることの例

1 オフィスのこだわりの内装を見せたい。

2 店舗のフロアやディスプレイを伝えたい。

3 今まで見たことのない角度からの映像を作りたい。

4 人物に近づいて驚くような映像を撮りたい。

このような映像撮影に最適です。

 

撮影方法は写真のようにオペレーターが専用のゴーグルを装着して

マイクロドローンから送信される画像をモニタリングしながら操縦します。

熟練の技術と反射神経が必要です。

通常の動画に一部分だけマイクロドローン映像を差し込むだけでも効果的です。

ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

●撮影データ
撮影日:2020年1月5日(日)
撮影場所:point 0 marunouchi
機材:マイクロドローン・OSMO POCKET

協力:株式会社point0

 

●ドローン東京
公式サイト
https://www.dronetokyo.jp/
▶Facebook
https://www.facebook.com/dronetokyo/
▶Instagram
https://www.instagram.com/dronetokyo/?hl=ja
▶Twitter
https://twitter.com/dronetokyo102

コラム一覧ページへ戻る

見積もり依頼・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

お問い合わせフォーム・
電話でも受け付けています。

03-3230-3722 03-3230-3722

株式会社ジム

お急ぎの方は携帯電話まで

090-4963-4196 090-4963-4196
担当/久保木

お問い合わせ
090-4963-4196 担当/久保木