コラム

3Dプリンタで作るドローン用パーツ

ドローン東京を運営している株式会社ジムの久保木です。
2020年4月と5月は緊急事態宣言の下、ドローン撮影の依頼もほぼゼロの状態でした。
この期間をなるべく有効に使うために、空撮エンジニアの岩城が工房にひきこもってドローン用の周辺機器やパーツを3Dプリンタで制作したのでご案内します。

DJI Mavic MINI用の八木式アンテナ

屋外はもとより室内での撮影の幅も広がると考え、航空法規制外の199gドローン「DJI Mavic MINI」を導入、テストしております。
サイズも価格もコンパクトなので導入しやすいのですが、なぜか都心部の住宅での周辺の電波と干渉するためか、モニター状況がよろしくなく色々とテストを繰り返していました。
そんな中、ネットで調べていると外付けの八木アンテナを取り付ける例もあるようで、私共も製作してみました。
3Dプリンターによるものですが、この3Dプリンター、家庭用のものですと4~5万円で購入できます。
これはこれで、(やすい)3Dプリンターにはまた面白い世界が広がっており、これに入り浸っていると仕事にならないという問題もあります。
何でも作れると思っていた3Dプリンターですが、実際取り組んでみると、それぞれの材質の特徴もあり得意不得意が激しいことも良く判りました。
それでも非常に便利で、私共がドローンを自作していた時代、あるいはラジヘリに自作ジンバルでハンディカムを積んでた時代にこれがあったらどれほど便利だったことか…。
今回、私共では八木アンテナは「製作してみた」という段階でまだ実用化はしておりません。
今後も研究・試作を繰り返して実用化できるようなものが開発できるよう挑戦していきます。
●3Dプリンタで制作したその他のパーツ例

カーボンフレームを貫通するケーブルを保護するパーツ。

InspireのX5 12mmレンズ用のフード。

コラム一覧ページへ戻る

見積もり依頼・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

お問い合わせフォーム・
電話でも受け付けています。

03-3230-3722 03-3230-3722

株式会社ジム

お急ぎの方は携帯電話まで

090-4963-4196 090-4963-4196
担当/久保木

お問い合わせ
090-4963-4196 担当/久保木